出産入院・LDR室・入院のお部屋について (芦屋・小野レディスクリニック)

芦屋・小野レディスクリニック

ご予約・お問い合わせ
0797-21-3700

午前9:00〜12:30 午後17:00〜19:00
動画ページへ
口コミページへ

出産・入院

LDR室 LDR室イメージ1
新生児室 新生児室イメージ

LDR室とは、「陣痛」、「分娩」、「回復」のすべての過程を同じ部屋で過ごすことができるシステムのことです。
寝たままの状態でベッドが自動的に動き、陣痛室が分娩室に早変わりします。陣痛が起きてから部屋を移動する必要がないので、妊婦様に負担が無く、家族の方の立会いもスムーズです。
理想的で安心なLDR室で、赤ちゃん誕生の時をお迎えください。

お母様と赤ちゃんに優しい新生児室です。出産後のお母さまのお体は、とても消耗しています。そんな時は無理をなさらずに、スタッフにお話し下さい。大切な赤ちゃんを新生児室でお預かりいたします。

プレゼントイメージ 無事に出産を終えた、赤ちゃんとお母様に、ささやかながらプレゼントがございます。
今日という日の記念になれば幸いです。

造園家武部正俊先生のメルヘンとファンタジーの世界です。

花壇には四季の花がいつも美しく咲いております。

入院のお部屋

まるで森の中に迷い込んだような世界を演出しています。

佐藤氏
看護師 佐藤 良子

お母様と赤ちゃん、ご家族がゆったりと過ごせる入院室です。ゆっくりとお体を休め、ご家族の皆様で赤ちゃんのお誕生を祝うことができます。全室個室で、バス・トイレ、その他の充実した設備を備え、プライバシーは完璧です。入院室は8室あります。
ご入院時にお部屋の希望をお伺いいたします。お部屋が空いていない場合は、お選びいただけません。ご了承ください。

ご家族の宿泊について

当院では、全室入院中ご家族の宿泊が可能です(院長の許可が必要です。ご入院後、専用の申込み用紙にてお申込みください)。
洋室では、リクライニングチェアー、和室では、お布団を貸し出しいたします。
お産後の場合、お一人様一泊朝食付き¥3,000(税別)です(朝食がなくても同じ価格です)。

設備・備品
エアコン リンス
バス・トイレ(ウォシュレット) ボディシャンプー
液晶テレビ バスタオル
冷蔵庫 フェイスタオル
電話 スリッパ
ソファ 歯ブラシ
加湿器 歯磨き粉
シャンプー 紙コップ

立ち会い分娩


「立会い分娩」とは、分娩室に移動してから出産までをご主人が立ち会うことを言います。ご主人が立ち会われることにより、不安や緊張を和らげ、産まれてくる命の尊さや喜びをお二人で共感して頂けます。また、当院ではお子様、お母様、ご姉妹様参加の立ち会いも実施しております。
ご主人や家族の温かい励ましなどをしてもらうことで、リラックス出来たり、頑張ろうという気持ちになれるのではないでしょうか?

里帰り出産


当院では、「里帰り出産」の方を受け付けております。お問い合わせの時点において受け入れに余裕のある範囲内での受け入れでございますことをご承知願います。

予約時期と方法

お電話にて、お気軽にお問合せください。ご予約の際には、妊娠初期の検査データが必要です。里帰り出産の予約金5万円を当院に収めていただきますと、ご予約が完了となります。なお、当院での出産予約を完了後にキャンセルされる場合は、予約金のご返金はできかねますことをご了承願います。

お里帰りの時期と初めてのご来院

当院でのご出産に備えて、検診日に合わせて34週頃までにご来院ください。なお、逆子等特別なご事情がおありの場合は、なるべく早い時期にご来院下さるようお勧めいたします。


お食事紹介

お食事一覧

ご出産後は美味しいお食事をお楽しみください。

入院中の楽しみは、やはりお食事です。
フレンチレストランの一流シェフがプロデュースしたお食事は美しい彩や盛り付けはもちろん、
ご出産後の体に配慮し、栄養バランスのとれたこだわりのメニューです。
旬の食材を中心に、新鮮な野菜や獲れたてのお魚・お肉を使って当院の調理室で心を込めてお作りしております。
また、季節毎の特別メニューや、ご出産のお祝いコースディナーもご用意しております。
レストランの味をお部屋でゆっくりとお楽しみください。

ご入院中のお食事のご紹介

老舗フレンチレストラン『グランメール・芦屋』
鈴木孝育シェフプロデュース
profile
鈴木孝育(すずき たかやす)
関西圏で数々のお店をプロデュース
有名ホテルを経て、「グランメール・芦屋」の料理長就任
創作力溢れるフレンチでたくさんの人を魅了する
基本を大切にしながら柔軟なアイデアで料理を生み出している
◇【西洋料理マイスター】【ひょうごの匠】H25年 H26年度認定
◇兵庫県西洋調理技能士会会長
◇神戸フランス料理研究会副会長

トップへ