婦人科 芦屋・小野レディスクリニック

芦屋・小野レディスクリニック
0797-21-3700
午前9:00〜12:30 午後17:00〜19:00
動画ページへ

婦人科

子宮頸がん検診


子宮頸がんとは子宮の入り口に発生するがんです。初期では無症状のことが多く、早期発見には定期的な子宮頸がん検診が大変重要です。皆様もご存知のように子宮頸がんの多くは、性行為による発がん性のヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因とされています。一度でも性行為経験があればどなたでも感染する可能性があります。20歳代後半から30歳代が多く診断されています。

※芦屋市在住の20歳以上・女性の方は、2年に一度1,000円で子宮頸がん検診を受けていただけます。また、70歳以上の方は無料です。

子宮体がん検診


子宮体がんは子宮の内部に発生するがんです。月経以外の不正出血があれば必ず検査を受けましょう。40歳後半から増加し、50歳、60歳代で最も患者数が多くなっています。

卵巣がん検診


卵巣がんは卵巣に発生するがんです。目に見えず無症状に経過するため、超音波検査で早期発見されることが多いです。

 

子宮内膜症


子宮の内側にある子宮内膜細胞が、卵巣や腹膜など子宮の内側以外の場所で増殖し、炎症を起こす病気です。強い月経痛、月経過多、性交痛、排便痛などの症状がある方は、子宮内膜症の疑いがあります。超音波検査・血液検査を行い、必要があれば薬剤やピルを処方します。

子宮筋腫


子宮にできる良性の腫瘍です。
小さいものを含めると30歳以降の女性の4〜5人にひとりの割合で見つかると言われます。子宮筋腫は女性ホルモンの影響を受けて増加または肥大することがあります。その結果、生理痛・不正出血・腹痛・腰痛・頻尿などの症状が現れ、大きさによっては妊娠、出産の経過に影響を及ぼす場合もあります。子宮筋腫のある方で生理のある方は、定期的に筋腫の大きさの確認のために受診しましょう。

性感染症


性感染症(STD)には様々な種類があります。中には初期では無症状のものもあるため、知らないうちにパートナーに移して感染を拡大してしまうことがあります。また、性器だけではなく口や喉の粘膜にも感染することがあります。おりものの色や状態、下腹痛や外陰部のかゆみ、痛みなどの症状があるときには、恥ずかしがらずにすぐに受診しましょう。
主に血液検査・おりものの検査を行います。痛みもなくすぐに検査は終わります。必要があれば薬剤を処方します。
(淋病・クラミジア・性器ヘルペス・梅毒・HTLV-1・ヒトパピローマウイルス・尖圭コンジローマー・HIV)

膣炎・外陰部の炎症


外陰部の痛みやかゆみ、発疹、おりものの色や臭い、量に異常を感じます。
市販の薬で対応される方も多いと思いますが、なかなか治らない場合は適切な薬剤を処方いたしますので、お気軽に受診ください。

不正性器出血・下腹痛


生理・排卵期出血以外の性器出血のことをいいます。
原因には様々なことが考えられますが、ご不安な時は受診しましょう。

 

月経異常


基本、女性ホルモンのバランスの崩れが原因で生じます。
その原因として、精神的なストレス・年齢・疾患等、多岐にわたります。
気になった方は、お一人で悩まず受診しましょう。

月経前症候群(PMS)


月経開始前5日〜10日前にイライラなどの精神症状胃腸症状を発症し、月経開始とともに症状が解消される特徴があります。
最近、若い女性に増加の傾向があります。必要な場合は、ピルなどの薬剤を処方して治療します。

 

更年期障害


閉経前後に女性ホルモンのバランスの崩れが原因でおこる様々な症状のことをいいます。

■ 月経異常、稀発月経、機能性出血
■ ほてりやのぼせ、異常発汗、動悸、めまい(自律神経失調症)
■ 頭痛、頭重感、不眠、不安、憂うつ、孤独感(精神神経症状)

などの症状があります。

多くの方は、この更年期の年代に、ホルモン異常による更年期症状と知らず、相談する人もなく一人で思い悩んでいる場合があります。このような症状がある場合には、無理をせずに、まずは受診されることをお勧めいたします。

治療はまずこのような症状が更年期のホルモン異常によるものと理解し、ご自分の心の持ち方が原因ではないことを知っていただく必要があります。更年期のホルモン異常は血液検査ですぐにわかります。必要があれば薬剤処方(漢方・ホルモン補充・プラセンタなど)いたします。

 

プラセンタ療法 〜更年期障害の方はプラセンタ注射の保険適用があります〜


更年期障害の緩和、アレルギー疾患の改善、関節リュウマチの症状の軽減などに、プラセンタ療法をお勧めいたしております。プラセンタとは、胎盤のことです。胎盤は、お腹にいる赤ちゃんのへその緒とつながっており、栄養を送ったり、酸素を送ったりします。これには、赤ちゃんが成長するのに必要な栄養がぎっしり詰まっています。プラセンタは生命を育むために必要な栄養素ですから、自己治癒力を高め、あらゆる機能を改善します。

■ 更年期障害の改善、血行促進、疲労回復、自律神経調節、活性酸素除去、抗炎症作用、食欲増進、産婦の乳汁分泌など

 

プラセンタ(ヒト胎盤)を注射して女性ホルモンのバランスを整えます。
保険適用の方の場合、1回1アンプルを週に2〜3回注射を受けて体の調子を診ていきます。

 

■ 美容/アンチエイジングとしてのプラセンタ

ニキビ、シワ、美白効果、肌荒れ、乾燥肌、湿疹、皮膚の老化、アトピー性皮膚炎、脱毛症

美肌や若返り(シミ・シワ・タルミなどの改善、細胞の活性化、血行促進)眼精疲労、肉体疲労などの回復に効果があると言われています。また免疫力を向上させる役割もあり、抗アレルギー作用(アトピー・湿疹・花粉症などの改善)もあることが認められています。
なお、当クリニックでは厚生省認可のプラセンタ(綿密な検査による健康な日本女性の正常分娩時の母体の胎盤のみ)を使用しております。

プラセンタ費用
(自費の場合)
1本目 ¥2,000
奇跡の若返りサプリメント「リ・アージュ」一つ付き
その後1アンプルごとに ¥500
 
トップへ